兵庫医科大学脳神経外科では、脳動脈瘤、脳腫瘍、脳血管障害、神経外傷など脳神経外科全般を診療しています。

兵庫医科大学脳神経外科 サイトメニューを開く
業績(2013年度発表)

【誌上発表】著書 | 原著 | 症例報告 | 総説 | その他

【学会発表】国際学会 | 国内学会 | 地方会 | 研究会・講演会等 | その他

著書

吉村 紳一
非薬物治療を中心に 頭蓋内動脈の血行再建治療. 脳梗塞診療読本 (豊田一則 編) 1版, 208-219
中外医学社: 東京, 2014


原著

Yusuke Tomogane, Kanji Mori, Shuichi Izumoto, Keizo Kaba, Reiichi Ishikura, Kumiko Ando, Yuki Wakata, Shigekazu Fujita, Manabu Shirakawa, Norio Arita
Usefulness of PRESTO magnetic resonance imaging for the differentiation of schwannoma and meningioma in the cerebellopontine angle.
Neurol Med Chir (Tokyo) 53:482-489, 2013

Shinichi Yoshimura, Kiyofumi Yamada, Masanori Kawasaki, Takahiko Asano, Masayuki Kanematsu, Masafumi Miyai, Yukiko Enomoto, Yusuke Egashira, Toru Iwama
Selection of carotid artery stenting or endarterectomy based on magnetic resonance plaque imaging reduced periprocedural adverse events.
J Stroke Cerebrovasc Dis 22(7):1082-1087, 2013

Yukiko Enomoto, Shinichi Yoshimura, Kiyofumi Yamada, Masanori Kawasaki, Kazuhiko Nishigaki, Shinya Minatoguchi, Toru Iwama
Silent coronary artery disease in Japanese patients undergoing carotid artery stenting.
J Stroke Cerebrovasc Dis 22(7):1163-1168, 2013

Masanori Kawasaki, Shinichi Yoshimura, Kiyofumi Yamada, Arihiro Hattori, Yoshiyuki Ishihara, Kazuhiko Nishigaki, Genzou Takemura, Toru Iwama, Shinya Minatoguchi
Carotid artery OCT in cerebral infarction.
JACC Cardiovasc Imaging 6(11):215-216, 2013

Yukiya Suzuki, Yusuke Nakano, Keisuke Mishiro, Toshinori Takagi, Kazuhiro Tsuruma, Mitsuhiro Nakamura, Shinichi Yoshimura, Masamitsu Shimazawa, Hideaki Hara
Involvement of Mincle and Syk in the changes to innate immunity after ischemic stroke.
Sci Rep 3:3177, 2013

Sou Sugitani, Kazuhiro Tsuruma, Yuta Ohno, Yoshiki Kuse, Mika Yamauchi, Yusuke Egashira, Shinichi Yoshimura, Masamitsu Shimazawa, Toru Iwama, Hideaki Hara
The potential neuroprotective effect of human adipose stem cells conditioned medium against light-induced retinal damage.
Exp Eye Res 116: 254-64, 2013

Hiroto Ishikawa, Junsuke Akura, Kazutaka Uchida, Naohiro Ikeda, Tomohiro Ikeda, Borlongan Cesar V, Osamu Mimura
A case with transient refractive change after removal of pituitary tumor.
BMC ophthalmology 13(1):65, 2013

Nobuyuki Sakai, Shinichi Yoshimura, Waro Taki, Akio Hyodo, Shigeru Miyachi, Yoji Nagai, Chiaki Sakai, Tetsu Satow, Tomoaki Terada, Masayuki Ezura, Toshio Hyogo, Shunji M atsubara, Kentaro Hayashi, Toshiyuki Fujinaka, Yasushi Ito, Shigeki Kobayashi, Masaki Komiyama, Naoya Kuwayama, Yuji Matsumaru, Yasushi Matsumoto, Yuichi M urayama, Ichiro N akahara, Shigeru Nemoto, Koichi Satoh, Kenji Sugiu, Akira Ishii, Hirotoshi Imamura, Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy (JR-NET) Investigators
Recent trends in neuroendovascular therapy in Japan: analysis of a nationwide survey--Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy (JR-NET) 1 and 2.
Neurol Med Chir (Tokyo) 54(1):1-8, 2014

Yusuke Egashira, Shinichi Yoshimura, Nobuyuki Sakai, Yukiko Enomoto, the Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy (JR-NET) investigators
Real-world experience of carotid artery stenting in Japan: analysis of 7,134 cases from JR-NET1 and 2 nationwide retrospective multi-center registries.
Neurol Med Chir (Tokyo) 54(1):32-39, 2014

Yukiko Enomoto, Shinichi Yoshimura, Nobuyuki Sakai, Yusuke Egashira, the Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy (JR-NET) investigators
Current perioperative management of anticoagulant and antiplatelet use in neuroendovascular therapy: analysis of JR-NET1 and 2.
Neurol Med Chir (Tokyo) 54(1):9-16, 2014

Mikito Hayakawa, Hiroshi Yamagami, Nobuyuki Sakai, Yuji Matsumaru, Shinichi Yoshimura, Kazunori Toyoda, on behalf of JR-NET study group
Endovascular Treatment of Acute Stroke with Major Vessel Occlusion before Approval of Mechanical Thrombectomy Devices in Japan: Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy (JR-NET) and JR-NET 2.
Neurol Med Chir (Tokyo) 54(1):23-31, 2014

Masayuki Sato, Yuji Matsumaru, Nobuyuki Sakai, Shinichi Yoshimura, on behalf of JR-NET study group affiliations
Detailed analysis of puncture site vascular complications in Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy (JR-NET) and JR-NET2.
Neurol Med Chir (Tokyo) 54(1):17-22, 2014

Kazuhiro Tsuruma, Mika Yamauchi, Sou Sugitani, Tomohiro Otsuka, Yuta Ohno, Yuki Nagahara, Yuka Ikegame, Masamitsu Shimazawa, Shinichi Yoshimura, Toru Iwama, Hideaki Hara
Progranulin, a major secreted protein of mouse adipose-derived stem cells, inhibits light-induced retinal degeneration.
Stem Cells Transl Med 3(1):42-53, 2014

上田順二, 友金祐介, 泉本修一, 森鑑二, 三刀屋由華, 道免和久, 大門貴志, 有田憲生
頭頂葉腫瘍症例におけるGerstmann症候の検討.
兵庫医科大学医学会雑誌 38:89-96, 2013


症例報告

内田和孝, 白川学, 阪本大輔, 安藤久美子, 石藏礼一, 前野和重, 有田憲生
神経画像アトラス 術後に一過性脳梁膨大部病変を呈した脳動静脈奇形の1例.
BRAIN and NERVE 神経研究の進歩 65:212-213, 2013


総説

泉本修一, 森鑑二, 友金祐介, 内田和孝, 阪本大輔, 上田順二, 有田憲生
専門医に求められる最新の知識 脳腫瘍 血管周皮腫をどう治療するか.
脳神経外科速報 23:66-73, 2013

吉村紳一, 榎本由貴子, 江頭裕介, 渡會祐隆, 岩間亨
虚血性疾患の課題と展望 急性期脳梗塞に対する血栓回収療法と外科治療.
脳神経外科ジャーナル 22(9):688-694, 2013

白川学, 吉村紳一
IVRデバイスBOOK2013 Division 3 脳神経外科領域のIVR 頸動脈ステント留置術の新しいEPD (Embolic Protection Device) ~MOMA Ultra~.
Rad Fan 11(11):58-59, 2013

村井博文, 吉村紳一, 竹中勝信
急性期脳梗塞患者におけるSolitaire flow restorationデバイス対Merciリトリーバーの前向き、無作為化試験 (SWIFT).
脳と循環 18(3):251-256, 2013

山田法顕, 豊田泉, 山田実貴人, 玉田佳樹, 山川弘保, 加藤雅康, 熊谷守雄, 吉村紳一, 岩間亨, 小倉真治
岐阜県における脳卒中初期診療標準化の取り組み.
日本臨床救急医学会雑誌 16(5):643-648, 2013

井口保之, 吉村紳一
ステップアップ講座 —一次予防から rt-PA静注療法,血管内治療まで 脳梗塞急性期治療の現状と未来—.
CNS today 3(5):22-31, 2013

吉村紳一
脳梗塞急性期における血管内治療.
日本血栓止血学会誌 24(6):603-608, 2013

高木俊範, 吉村紳一
急性期血行再建療法の新展開—4.5時間と血管内療法— rt-PA治療後の血管内治療—RCTの結果から—.
分子脳血管病 13(1):47-52, 2014


その他

吉村紳一
女性脳外科医のススメ.
日本脳神経外科学会女医会機関誌 48:5, 2013

吉村紳一
日本独自の発展遂げるCASの新知見.
Medical Tribune 47(1,2):12, 2014

吉村紳一
脳神経外科学主任教授就任にあたって.
筍のたより 69:10, 2014

松丸祐司, 吉村紳一 (聞き手)
私の手術論 No.65 血管造影の仕方・読み方 ~脳血管内治療専門医に求められる要件~.
脳神経外科速報 24(2):124-133, 2014

吉村紳一
虚血疾患 CQ5 急性期脳梗塞に対し機械的血栓回収療法による脳血管内治療はt-PA静注より有用か? —Voice 血管内治療は早期に近位血管に対して施行され、再開通率が高ければ有効.
CORE JOURNAL 循環器 4(4):60, 2014


業績(2013年度学会発表)

国際学会 | 国内学会 | 地方会 | 研究会・講演会等 | その他

国際学会

Shinichi Yoshimura
How to Interpret the Results in Recent Clinical Trials of Mechanical Thrombectomy.
(Symposium) The 6th Korea-Japan Joint Stroke Conference, Osaka, Japan, 2013

Shinichi Yoshimura
Predictive Factors of Favorable Outcome in Patients with Acute Large Vessel Occlusion.
(Poster) International Stroke Conference 2014, San Diego, USA, 2014


国内学会

内田和孝, 前野和重, 白川学, 友金祐介, 阪本大輔, 有田憲生
三叉神経痛で発症した小脳テント部硬膜動静脈瘻の一例.
第38回日本脳卒中学会総会(STROKE2013), 東京, 2013

友金祐介, 森鑑二, 泉本修一, 蒲惠蔵, 石藏礼一, 安藤久美子, 中正恵二, 有田憲生
小脳橋角部髄膜腫と神経鞘腫の鑑別にMRI磁化率強調画像(PRESTO法)は有用である.
第31回日本脳腫瘍病理学会, 東京, 2013

陰山博人, 泉本修一, 内田和孝, 有田憲生
胸椎結核性脊椎炎の一例.
第28回日本脊髄外科学会, 名古屋, 2013

吉村紳一
急性期脳梗塞に対する血管内治療:その最前線と予防.
(ランチョンセミナー) 一般社団法人日本脳神経外科学会第72回学術総会, 横浜, 2013

吉村紳一
急性期脳梗塞に対する血管内治療の現状と今後.
(シンポジウム) 一般社団法人日本脳神経外科学会第72回学術総会, 横浜, 2013

吉村紳一
RESCUE-Japan:サブ解析から見えてきたこと.
(ランチョンセミナー) 一般社団法人日本脳神経外科学会第72回学術総会, 横浜, 2013

吉村紳一
脳を救え! 脳梗塞治療最前線.
(ランチョンセミナー) 一般社団法人日本脳神経外科学会第72回学術総会, 横浜, 2013

友金祐介, 森鑑二, 泉本修一, 蒲惠蔵, 石藏礼一, 安藤久美子, 有田憲生
髄膜腫と神経鞘腫の鑑別にMRI磁化率強調画像(PRESTO法)は有用である.
日本脳神経外科学会第72回学術総会, 横浜, 2013

吉村紳一
「PenumbraシステムPMS最新経過報告」と「MAXシリーズの実力」.
(ランチョンセミナー) 第29回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 新潟, 2013

吉村紳一
未破裂脳動脈瘤脳血管内治療の現状と今後 未破裂脳動脈瘤の血管内治療における今後の治療戦略:治療機会を増やすためには何が必要か?
(イブニングセミナー) 第29回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 新潟, 2013

進藤誠悟, 吉村紳一, 江頭裕介, 榎本由貴子, 岩間享
OCTでのplaque protrusionは,CAS後diffusion-MRI新規陽性病変と関連する.
第29回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 新潟, 2013

吉村紳一
MOMAウルトラの日本における有用性.
(アーリーバードセミナー) 第29回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 新潟, 2013

吉村紳一
急性期脳梗塞に対する血管内治療—最新の動向—.
(ランチョンセミナー) 第29回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 新潟, 2013

吉村紳一
頭蓋内動脈狭窄症:治療戦略と最新情報.
(アフタヌーンセミナー) 第29回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 新潟, 2013

吉村紳一
過灌流回避のためのstaged angioplasty:我々の治療成績.
(シンポジウム) 第29回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 新潟, 2013

白川学, 内田和孝, 前野和重
海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻に対するTarget embolization.
第29回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 新潟, 2013

内田和孝, 白川学, 徳田良, 前野和重
頭蓋内圧亢進症状で発症した硬膜動静脈瘻3例の治療経験.
第29回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 新潟, 2013

吉村紳一
脳血管内治療後のイベント再発ゼロを目指して.
(ランチョンセミナー) 第29回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 新潟, 2013

吉村紳一
RESCUE-Japan: 新たな登録研究とランダム化について.
(ランチョンセミナー) STROKE2014, 大阪, 2014

吉村紳一
Stent Retriever 使い方・使いどころの実際~海外での知見より~.
(ランチョンセミナー) STROKE2014, 大阪, 2014

吉村紳一
脳梗塞急性期の治療 (血栓回収療法: IVR).
(教育講演) STROKE2014, 大阪, 2014

進藤誠悟, 吉村紳一, 榎本由貴子, 岩間亨
OCTでのplaque protrusionはCAS後diffusion-MRI新規陽性病変と関連する.
STROKE2014, 大阪, 2014


地方会

陰山博人, 泉本修一, 友金祐介, 飯田倫子, 有田憲生
胸椎結核性脊椎炎の一例.
近畿脊髄外科研究会, 豊中, 2013

吉村紳一
脳血行再建術:IVRと直達手術.
(教育講演) 第14回近畿脳神経血管内治療学会, 豊中, 2013

吉村紳一, 松本博之, 今村博敏, 布川知史
急性期血行再建治療 How do we treat it?
(シンポジウム) 第14回近畿脳神経血管内治療学会, 豊中, 2013

友金祐介, 能勢明德, 内田和孝, 白川学, 蒲惠蔵, 前野和重
突発性頭蓋内圧亢進症として発症した脳静脈洞血栓症に対し、LPシャントを行った1例.
第66回日本脳神経外科学会近畿支部学術集会, 豊中, 2013

吉村紳一
血管内治療による急性期血行再建の現状と展望.
(ランチョンセミナー) 第72回社団法人日本脳神経外科学会北海道支部会, 北海道, 2014


研究会・講演会等

吉村紳一
血管内治療と開頭手術:その併用と使い分け.
(特別講演) Endovascular & Bypass Case Conference, 名古屋, 2013

星野晴彦, 矢板正弘, 山上宏, 吉村紳一
~病態・合併症別の抗血小板薬使用方法~.
(パネルディスカッション) Neurovascular Forum 2013, 東京, 2013

吉村紳一
脳梗塞に立ち向かう!!—患者予後を踏まえたEVT—.
(シンポジウム) Stoke Meister’s Compass, 東京, 2013

吉村紳一
大型動脈瘤に対する挑戦.
(特別講演) 第5回Young Neurovascularsurgeon’s Club (YNC) , 千葉, 2013

吉村紳一
頚動脈狭窄症の今.
(招待講演) ATIS SUMMIT in NAGOYA, 名古屋, 2013

吉村紳一
急性脳梗塞治療の最前線と予防について.
(特別講演) 栃木脳梗塞症予防セミナー, 宇都宮, 2013

吉村紳一
脳卒中をやっつけろ! Part II ~画像診断と治療最前線~.
(特別講演) 第256回神戸頭部研究会特別講演会, 神戸, 2013

吉村紳一
虚血性脳血管障害に対する血管内治療:急性期から慢性期まで.
(特別講演) Stroke Conference, 静岡, 2013

内田和孝, 白川学, 吉村紳一
開通を繰り返す脳底動脈瘤の一例.
兵庫血管内治療懇話会, 神戸, 2013

吉村紳一
二刀流治療の実際とトレーニング.
(特別講演) 第25回脳神経外科学臨床講座, 東京, 2013

吉村紳一
急性期脳梗塞に対するDrip-shipシステム.
(特別講演) 第30回かずさ脳血管障害談話会, 千葉, 2014

吉村紳一
CASを安全に行うには?—我々の工夫—.
(特別講演) 第2回南大阪ブレインイメージング研究会, 大阪, 2014

吉村紳一
重症脳血管障害におけるICPモニタリングの有用性.
(特別講演) 脳神経外科救急医によるケースディスカッション in 関西, 大阪, 2014

吉村紳一
急性期再開通療法の今後の展開.
(指定演題) 脳梗塞t-PA研究会第8回研究集会, 大阪, 2014

他、多数(一部を紹介しています)


その他

吉村紳一
急性期血行再建術の現状と展望.
(特別講演) 第54回名古屋大学医学部脳神経外科同門会, 名古屋, 2013

吉村紳一
脳血行再建術: Bypass or EVT?
(特別講演) 第76回大阪大学脳神経外科関連施設臨床懇話会・平成26年新年会, 吹田, 2014

吉村紳一
脳卒中になりたくない方へ.
(講演) 兵庫医科大学病院市民健康講座, 西宮, 2014

吉村紳一
医師として輝きたい君へ~私が先輩たちから学んだこと~.
(講演) 兵庫医科大学内科学(神経・脳卒中科)新年会, 西宮, 2014

吉村紳一
脳卒中治療の最前線.
(講演) 興和創薬株式会社社内講演, 神戸, 2014

吉村紳一
治る!最前線 第31回 脳卒中
(テレビ) テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」, 2014