“兵庫医大”だからできること
【 “医局”とは 】

 兵庫医科大学の脳神経外科教室は、一流の脳神経外科を育て、それぞれが特徴を生かして働けるよう、その手助けをする組織です。現在は若手中心であり、それぞれが切磋琢磨して成長すると共に、敢えて多様性を持てるように運営されています。脳神経外科医の成り手の不足が言われておりますが、幸い医局員の人数も増加しています。


 また入局者も兵庫医科大学出身者が最多ではありますが、全国各地、国公立私立を問わず入局しています。学閥という概念が存在せず、若い医局員が中心となって、やる気があれば活躍する機会が与えられています。


 総ては、一流の脳神経外科医となってもらうため、次に育った先生方が、その特徴を生かして活躍してもらうため、またその中にも多様性を持てるよう、医局が運営されています。自らやってみたい、そして学びたいと考えている、意欲的な方の入局をお待ちしています!



【 一流の脳神経外科医になるための教育方針 】
専門医取得までのプログラム

 一流の脳神経外科の第一歩は、やはり専門医を取得することから始まります。そのため、専門医の資格を取得する上で必要となる症例や手術を効率的に修了できる研修プログラムを用意しています。この時期には十分な症例、手術を経験できるよう、関連病院で研修する際にも、症例数の多い病院が優先的に選ばれます。また関連施設へ出向する際も、全医局員が平等に専門医取得のためのトレーニングを受ける機会を得られる様に配慮されています。兵庫医大の特色は、多くのチャンスを与えられることと自負しています。


 また専門医取得前から、将来的なサブスペシャリティにも眼を向けた研修も可能です。大学にも脳血管障害、脳腫瘍、小児、脊椎といったサブスペシャリティがあり、関連施設にもそれぞれ特色があります。このような視点から出向する関連施設を選ぶことも可能ですが、この時期に有名国内施設への留学も可能です。現在は札幌禎心会病院で外科手術の最先端を経験したり、福岡脳神経外科で血管内手術を実践している先輩がいます。また年1回は面談を行い、将来的なサブスペシャリティを含め、どのような脳神経外科医を目指すか、一緒に議論を重ねながら成長できる環境にあります。



専門医取得後

 専門医取得はあくまで通過点であり、専門医取得後は、選択の幅が大きく広がります。多くの先生は、脳腫瘍や血管障害であれば脳神経血管内治療学会の専門医といったサブスペシャリティを確立するための研修を行いますし、また手術の腕を上げるために臨床に邁進する先生もいます。また一方で、研究のために大学院へ入学することも大事な選択肢です。研究内容に関しても、患者データを用いた臨床研究の他、再生医療を含めた基礎研究を選択することも可能です。


 兵庫医大では、このような臨床・研究のチャンスを出来るだけ多くの先生に提供できるよう、またできるだけ多くの選択肢から選べるよう、指導者側も努力しています。そして、多くのチャンスが与えられることで各々が成長し、一流の脳神経外科医として、また多様性を持って活躍できることが兵庫医大の特徴でありたいと考えています。


 更に将来、一流の脳神経外科医として活躍して頂くためには、深く、そして広く学ぶことは非常に重要です。専門医取得後数年、つまり30歳代のみではなく、40歳・50歳になっても深く物事を追求できる、アカデミックな頭を持った医師となって頂きたいと考えています。そのために、医局員には全員に研究する期間を確保し、海外留学を経験していただきたいと考えています。アカデミックな考えは、日々の診療レベルを維持・向上するのに大切ですし、後輩の指導にも欠かせない要素と考えています。


エントリーはこちらから

TEL:0798-45-6458


FAX:0798-45-6457


E-Mail:hyogo-ns@hyo-med.ac.jp


集要項につきましては兵庫医科大学病院のレジデント募集要項(別窓表示)をご覧ください。
募集要項の書類(PDF版)も上述のリンク先からダウンロードいただけます。